専門医による的確な診療、苦痛のない内視鏡検査

位置情報

  1. HOME
  2. 診療のご案内
  3. 消化器科

診療のご案内 -消化器科-

診療のご案内メニュー

消化器科

かぜに伴うお腹の痛み、便秘、なんとなく感じるお腹の張り感、食後の胃もたれ・張り感など日常よく見られる気になる症状の他に、 逆流性食道炎胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性・慢性胃炎、ヘリコバクターピロリ胃炎、胃アニサキス症、胃ポリープ、腸炎、大腸ポリープ、胆石症・胆のう炎、急性・慢性肝炎、すい炎、さらに食道がん、胃がん大腸がん、胆のうがん、肝臓がん、すい臓がんなどの各種がん疾患

私たちのお腹の中には胃腸の他に肝臓、胆嚢、すい臓という臓器があります。これらの疾患をすべて診療するのが消化器科です。私たちは毎日食べるということにより栄養を取り込みます。この過程に消化器科のすべての臓器がかかわってきます。これらの臓器はとても働き者です。なにせ毎日のことですから。
食べ物や便の通りが悪くなっても良くなりすぎても症状を感じます。胆嚢やすい臓は結石ができて、痛みを起こすこともあります。胃・十二指腸は潰瘍を作ってしまうこともあります。働き者の臓器ですから新陳代謝が旺盛であり、そのためがん疾患も起こりやすいのです。
それでは消化器科でよく見かける疾患について説明しましょう。

逆流性食道炎

胃酸の食道内逆流が正常より濃密に起こることにより、食道下部に炎症を引き起こす疾患であり、胸焼けなどの症状を伴います。胃酸分泌を抑える薬を服用することで症状が改善します。

ページの先頭へ戻る

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

消化管の壁の一番上の層を粘膜といいますが、潰瘍はこの部分が欠落し、その下の粘膜下層が露出した状態を言います。転んでひざ小僧をひどくすりむいたことを想像してください。痛いですよね。胃はもともと胃酸を分泌し、食べ物を消化する器官です。分泌した胃酸から自らを守る粘液もまた分泌するのですが、このバランスが崩れて潰瘍がおこると考えられています。さらにここにピロリ菌という細菌がかかわることがわかってきました。潰瘍の治療法はピロリ菌を含め、内服による治療法が確立されています。

ページの先頭へ戻る

胃がん

昔から日本人にとても多く認められるがんの一つであり、2005年の統計では男性のがん死亡数の第2位を占め、女性の場合は第1位を占めています。粘膜が盛り上がる形をとるもの、潰瘍の形をとるものなどさまざまです。早期胃がんでは多くの場合症状を感じることがありません。しかし、早期の段階で発見すれば開腹手術をせずに内視鏡により切除することもできます。定期的に胃カメラ検査を受けることが大切です。

ページの先頭へ戻る

大腸がん

最近急速にその数が増え、2005年の統計では結腸がんは男性のがん死亡数の第4位を、女性では第3位を占め、これに直腸がんを含めると男性の場合は第4位を、女性の場合は第1位を占めるまでになりました。大腸がんは便が細くなった、強い貧血が進行している、下腹部に違和感があるなどの症状が出てきた段階ではある程度の大きさを持ちつつあると考えてください。大腸ポリープや大腸がんからの微量な出血を検知する便潜血検査を受けることが推奨されています。しかし、もっともよい方法は定期的に大腸内視鏡検査を受け、大腸内を直接観察することです。大腸ポリープはもちろん、早期の大腸がんならば内視鏡により切除治療することも可能です。

ページの先頭へ戻る

消化器科における検査

消化器科の臓器は体の中にあり、これらの病気はまず検査をしてみなければ詳細を把握することは不可能です。当院では腹部超音波検査により体の外から内部の臓器の形、新たに生じた病変を調べ、上部・下部消化管内視鏡検査により腸管の中を直接観察することにより、早期に病気を発見することに努めております。特に内視鏡検査は豊富な経験と特別な技術が必要です。まずはご相談下さい。

ページの先頭へ戻る

CONTENTS MENU

携帯サイト

QRコードを読み込んで表示されたURLに、アクセスしてください。